「悪夢のような民主党政権」発言も“言論の自由”…安倍首相答弁に「はぐらかし」との批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 安倍晋三首相の「悪夢のような民主党政権」発言をめぐり、12日の衆院予算委員会で立憲民主党会派の岡田克也元外相に発言撤回を求められた首相は「自民党総裁として言論の自由がある」と答弁し、撤回を拒否した。最高権力者が自身の言動を正当化する根拠としたことに「『言論の自由』の意味をはき違えている」と批判の声が上がっている。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文1959文字)

あわせて読みたい

注目の特集