メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

伝統の米ドッグショー、今年はワイヤー・フォックス・テリアに栄冠

2月12日、米ニューヨークで開催されていた米国のドッグショー「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」で最終審査結果が発表され、ワイヤー・フォック・ステリアの「キング」が最高賞に輝いた(2019年 ロイター/Eduardo Munoz)

 [ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ニューヨークで開催されていた米国のドッグショー「ウエストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」で12日、最終審査結果が発表され、ワイヤー・フォックス・テリアの「キング」が最高賞に輝いた。

     この伝統的なドッグショーは今年で143回目。マディソン・スクエア・ガーデンで2日間にわたり行われたイベントには、全米50州、海外14カ国から203種、約2800頭のイヌが出場した。

     最終審査には6頭が残った。ワイヤー・フォックス・テリアが最高賞を獲得するのはキングが15頭目。

     キングの調教師は「こんな素晴らしいショーで勝利すれば、他に勝つべき賞はほとんど残っていない」と喜びを語った。

     *文言を修正して再送しました。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
    2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
    4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
    5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです