メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 あれから1年が過ぎた。「苦海浄土(くがいじょうど)」を著した作家の石牟礼道子さんが昨年2月10日に亡くなってから2度目の春が訪れる。

 桜が例年より早く咲いた昨年4月、送る会が東京都内で開かれ、約1000人が集まった。皇后美智子さまが献花に来られた。遺族に「大切な方を亡くしました」と伝えた。水俣病がなければ交わることはなかったかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです