メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

水川舟芳 水川芳竹 親子展 幅広い世界に対峙

 「水川舟芳 水川芳竹 親子展」(17日まで、東京・セントラルミュージアム銀座)は、書展の名前が明快に表現しているように、書人2人の、何ともうらやましい関係がストレートに伝わってきて、温かで、すがすがしい気持ちになる。

 水川舟芳さんは1939年、神奈川県生まれ。三室小石さん、殿村藍田さんに師事。毎日書道会参事、一瀾書道会名誉会長、芳林書道院代表。水川芳竹さんは68年、神奈川県生まれ。高木聖雨さん、舟芳さんに師事。毎日書道展審査会員。芳林書道院会長。

 舟芳さんは、書の幅広い世界にまるごと対峙(たいじ)していて、「書の世界」への強い思いが放射している…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1181文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  3. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送
  4. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです