メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球少年の未来のために

/上 指導者らの意識改革必要 館林・慶友整形外科病院の古島さん、肘の故障防止訴え /群馬

 「手術しなくちゃいけないね……」。診察室で目の前に座った野球少年にそう告げると、ほとんどが悔しそうにうつむきながら静かに涙をこぼす。そのたびに彼らが置かれてきたであろう過酷な練習環境が頭に浮かぶ。朝から晩まで続く練習、監督からの罵声--。「なんでケガをさせないようにしてあげられないんだろう」

 館林市にある慶友整形外科病院のスポーツ医学センター長、古島弘三さん(48)は、損傷した肘の靱帯(じんたい)の代わりに正常なけんの一部を固定する「トミー・ジョン手術」を約600例手がけるなど日本有数の整形外科医だ。その腕を頼り、小学生からプロまで、野球で負った障害の治療のために全国から選手が訪れる。その数は年間約800~900人。ほとんどが高校生以下で、部位は6割以上が「肘」という。

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです