特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

頂点へ

東邦 平成最後の春に 30年後の君たちへ/2 強い心を持って 元一塁手・村田将之さん(47) /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
30年前のセンバツについて振り返る村田将之さん=名古屋市で、高井瞳撮影 拡大
30年前のセンバツについて振り返る村田将之さん=名古屋市で、高井瞳撮影

 <第91回選抜高校野球>

 --どんな選手生活を送りましたか。

 練習についていくのが精いっぱいでした。1年生のセンバツでは背番号15をもらい、(味方打者が打ち終わったバットを回収する)「バット引き」をしました。2年生になってからは一塁手に。同じポジションだった先輩がいつも全体を見ながら声を出してチームを盛り上げていたので、その穴を埋めようと必死でした。

 --30年前も、2年連続でのセンバツ出場でした。

 2年連続で出場できるのは、大きなアドバンテージでした。一日のスケジュールや、寄宿舎での過ごし方などが分かるので、ストレスが少なかったですね。今年も連続出場なので、その点では力を出しやすいと思います。

 --甲子園はどんな場所でしたか。

 やはり球児にとっては特別な場所ですね。地下の通路からグラウンドへの階段を上った瞬間、あの大きなバックスクリーンと、芝生の鮮やかな緑色が目に飛び込んできたのを今でも思い出します。良く整備されていて、スパイクで歩くとサクッという心地よい音がして、これからここでプレーするんだと思うと胸がいっぱいになりました。

 --2016年夏の甲子園での八戸学院光星(青森)戦の大逆転劇など「逆転の東邦」と言われることが多い。平成元年春の決勝も延長十回でのサヨナラ勝ちとなりました。逆転できる強さはどこから来ているのか。

 ルーティンの徹底だと思います。当時の阪口慶三監督(現・大垣日大高校=岐阜県=監督)からは常に追い込まれた場面を想像して練習しろと言われていた。大変な場面でも、2ストライクの場面では何の球を狙うとか、どの場面で盗塁するとか、やらなくてはいけないことをやり続ければ、勝利を前に少し気持ちが緩んだ相手の隙(すき)に入り込んで流れを変えるチャンスが生まれる。

 --決勝の時も冷静だったのでしょうか。

 僕は、ベンチで見ていましたが、2アウトに追い込まれた時に、相手投手が優勝を意識して途中から泣いているのが見えました。あれを見たときに負けてたまるかと思いましたね。

 --今の東邦にも、当時の精神が受け継がれていると思いますか。

 自分たちが選手の時にコーチとして指導してくださった(現在の)森田泰弘監督も残っているので、今の子たちにもその姿勢は受け継がれていると思う。

 --選手たちへメッセージを。

 練習の仕方や、レベルなどは30年前よりも大きく進化していると思う。でも、人と人との駆け引きという野球の本質は変わりません。どんな場面でも、やらなきゃいけないことをする強い心を持って平成最後のセンバツを東邦の優勝で締めくくってほしいですね。【聞き手・高井瞳】


 ■人物略歴

むらた・まさゆき

 1990年3月東邦高を卒業後、愛知大に進学。建築会社などを経て、現在ソニー生命保険で勤務。岐阜県の少年野球チーム・陶都ボーイズのヘッドコーチも務める。

関連記事

あわせて読みたい