メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

僧坊酒

昨年444年ぶりに復活 幻の「百済寺樽」発売 道の駅などで数量限定 東近江 /滋賀

午前中から多くの客が訪れた「百済寺樽」の販売コーナー=滋賀県東近江市妹町の「あいとうマーガレットステーション」で、蓮見新也撮影

 織田信長の焼き打ちで焼失した百済寺(東近江市百済寺町)の僧坊酒「百済寺樽(だる)」が復活して2年目の新酒ができ、13日から販売が始まった。道の駅「あいとうマーガレットステーション」(同市妹町)や県内の酒店約20カ所で数量限定で購入できる。

 「僧坊酒」は平安時代から大寺院でつくられた日本酒。百済寺樽は幕府や朝廷に献上されるほど名高かったが、1573(天正元)年に信長…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです