メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県人口

19年連続減134万70人 世帯数は最多の59万3146 10月推計 /奈良

 県が公表した県推計人口年報によると、昨年10月1日時点の人口は前年同期比0・61%減の134万70人(男63万1465人、女70万8605人)となった。ピークだった1999年(144万9138人)以降、19年連続で減少した。世帯数は同3212増の59万3146となり、過去最多となった。この1年間で5市町で人口が増えたが、残りは減少した。【新宮達】

 原則として住民基本台帳に基づく調査。人口が増えたのは、王寺(351人)、香芝(244人)、葛城(2…

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです