メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

鳥取 定有堂書店 鳥取市・若桜街道商店街 “オレ流”推しの本そろえ 毎月「読む会」30年 /中国

若桜街道商店街の一角にあるレトロな定有堂書店=鳥取市元町で、萱原健一撮影

「遅れて売る」 バックナンバー充実

 JR鳥取駅から北東に伸びる鳥取市のメイン通り。昼間もシャッターの目立つ若桜街道商店街に「定有(ていゆう)堂書店」はある。先月の鳥取着任の日、何も知らずふらりと立ち寄ると、読みたいと思いながら読み損ねていた本が書棚にズラリ。本好きには全国的に名の知れた「街の本屋」だった。1988年から毎月、人文書を「読む会」を開いているが、きっかけは当時の毎日新聞の記者の提案だったという。奇縁を感じた。

 「遅れて売る本屋なんです」と店主の奈良敏行さん。新刊も置くが、情報の流れが速い時代に見落としてしま…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文913文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです