メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日現代書巡回展

徳島展 「今に生きる」書、追求 蓑毛実行委員長に聞く /徳島

毎日現代書巡回展展徳島展の特徴などを語る蓑毛个庵実行委員長=徳島市藍場町2のあわぎんホールで、高橋哲治撮影

 徳島市藍場町2のあわぎんホールで開催中の毎日書道展第70回記念「毎日現代書巡回展 徳島展」(毎日新聞社、毎日書道会主催、県、県教委、徳島市、徳島市教委、徳島新聞社、四国放送、県美術家協会、県書道協会後援)。毎日書道会役員64人と四国在住の書家280人の計344作品が展示されている。毎日書道展審査会員で徳島展実行委員長の蓑毛个庵(みのもかあん)四国大書道文化学科教授に、展覧会の見どころなどを聞いた。【聞き手・高橋哲治】

 --徳島で初の巡回展が開かれる意義は?

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文570文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです