メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書感想画中央コンクール

貞光小1・郡さんら最優秀賞 県代表に16作品 /徳島

応募作品を見定める審査員=徳島市北田宮2の県教育会館で、高橋哲治撮影

 読書で得られた感動を絵で表現する第30回読書感想画中央コンクール(毎日新聞社、全国学校図書館協議会、実施都道府県学校図書館協議会主催)の県審査が徳島市北田宮2の県教育会館であり、中央審査に進む最優秀賞16点と、優秀賞や優良賞など入賞作品が決まった。【大坂和也】

 県内の小中学校、高校の計236校から3万3493点の応募があり、うち162校の312点が県審査に回った。審査では、県学校図書館協議会(会長=武田伊織・県立川島高校長)の審査委員が、読書の感動が表現されているか▽独創的で個性的な表現であるか▽著者の論旨を的確にとらえているか--などの基準で入賞作品を選んだ。

 審査の結果、小学校低学年、小学校高学年、中学校、高校で、指定読書、自由読書の上位各2点計16点を県代表作品の最優秀賞に決めた。中央審査の結果は2月下旬に発表される。

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです