特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

躍進の春へ

富岡西・選手紹介/4 難球処理の面白さ実感 前川広樹一塁手(2年) /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
守備練習に励む富岡西の前川広樹一塁手=徳島県阿南市富岡町の同校で、岩本桜撮影 拡大
守備練習に励む富岡西の前川広樹一塁手=徳島県阿南市富岡町の同校で、岩本桜撮影

 <第91回選抜高校野球>

 「難しい打球をうまくさばけた時に面白さを感じます」と笑顔を見せる。小川浩監督(58)も「昨秋の大会では前川の好守に救われた」と評価する。

 富岡西に入って野球観が大きく変わった。入学時は選手が主体的に試合を進めるノーサイン野球に戸惑ったが、チームメートの動きをまねするうちに視野が広がり、走者の動きが見えるようになった。苦手だった打撃にも活路を見いだし、小技やたたきつけるゴロで得点に絡む一打が打てるようになり、「全てでプラスに働いている」と実感する。

 1年秋にベンチ入りしたが、冬以降攻守に伸び悩んだ。「武器を持とう」と自主練習の大半を守備に費やし、帰宅後も鏡でフォームを入念に確認した。昨年6月以降徐々に調子を取り戻し、夏以降は一塁を守り、チームに欠かせない存在だ。

 「富岡西は地元の子が中心のチーム。練習時間や場所は限られているが、質を高めたら勝てることを甲子園で証明したい」と力強く話した。【岩本桜】

関連記事

あわせて読みたい