メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島市

新年度予算案 一般会計2670億3300万円 中心市街地再開発で過去最大 /鹿児島

 鹿児島市の森博幸市長は13日、総額2670億3300万円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。中心市街地の再開発が本格化することなどに伴い前年度から6・4%増え過去最大規模。森市長は「未来の礎を築くための予算だ」と理解を求めた。開会中の市議会に提案する。

 <歳入>

 自主財源の柱の市税は前年度比2%増の884億9000万円。マンション建設の増加などで固定資産税1・9%増、個人市民税3%増を見込む。依存財源は消費増税を見込んだプレミアム商品券事業などで国庫支出金が1…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです