メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計

不正調査 政府、実質賃金かわせず 参考値公表、専門家に判断委任

衆院予算委員会で厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題について答弁する根本匠厚労相=国会内で2019年2月13日、川田雅浩撮影

 根本匠厚生労働相は13日の衆院予算委員会で、毎月勤労統計の不正調査問題を受け、物価を勘案した実質賃金の「参考値」など統計のあり方に関する専門家の検討会を厚労省に設ける方針を示した。実質賃金の参考値については、野党は2018年の大半の月の伸び率が前年同月比マイナスになると試算し、政府にも試算の公表を要求。政府は当面公表しない構えだったが、統計不正への批判を考慮して事実上再検討する。

 厚労省は、前年調査から入れ替わらない事業所で賃金の伸び率を比較した参考値を、名目賃金についてのみ公…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 稲垣吾郎 SMAPの活動は「宝」、草なぎ&香取と元号またぎ生放送特番(スポニチ)
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです