メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

「データ独占」許さず 政府が対策、買収審査に新ルール

巨大IT企業は急速に事業領域を広げている

 政府は13日、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業によるM&A(企業の合併・買収)を審査する際の新たな指針や法律を整備する方針を打ち出した。買収でデータの寡占・独占化が進み、競争が阻害される恐れがあるため、販売シェアに加えてデータの集中度合いも考慮する。巨大ITを巡る競争状況を監視する専門組織を新設することも固まった。6月にもまとめる成長戦略に盛り込む。【和田憲二】

 GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コムの米4社)や中国のアリババグループ、バ…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです