メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

「データ独占」許さず 政府が対策、買収審査に新ルール

巨大IT企業は急速に事業領域を広げている

 政府は13日、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業によるM&A(企業の合併・買収)を審査する際の新たな指針や法律を整備する方針を打ち出した。買収でデータの寡占・独占化が進み、競争が阻害される恐れがあるため、販売シェアに加えてデータの集中度合いも考慮する。巨大ITを巡る競争状況を監視する専門組織を新設することも固まった。6月にもまとめる成長戦略に盛り込む。【和田憲二】

 GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コムの米4社)や中国のアリババグループ、バ…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文930文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです