メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「空母に定義なし」 いずも「攻撃型」否定、野党反発

 安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の事実上の空母化について「空母に国際的に確立した定義はない」と述べた。一方で「(戦闘機の発着を可能にする)改修後のいずもは憲法上保有の許されない『攻撃型空母』ではない」とも説明。政府自身の空母か否かという線引きがあいまいな答弁だったため、野党は「ごまかしだ」と反発した。

 海自が保有するヘリコプター搭載型護衛艦のいずも型は現在2隻。政府は昨年末に閣議決定した新しい防衛計画の大綱(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防)で、いずも型を改修し、短距離離陸・垂直着陸型の戦闘機の発着を可能にする事実上の空母化を盛り込んだ。これが憲法第9条2項で保持を禁じる「戦力」に当たる可能性があるという指摘もある。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです