メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「空母に定義なし」 いずも「攻撃型」否定、野党反発

 安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の事実上の空母化について「空母に国際的に確立した定義はない」と述べた。一方で「(戦闘機の発着を可能にする)改修後のいずもは憲法上保有の許されない『攻撃型空母』ではない」とも説明。政府自身の空母か否かという線引きがあいまいな答弁だったため、野党は「ごまかしだ」と反発した。

 海自が保有するヘリコプター搭載型護衛艦のいずも型は現在2隻。政府は昨年末に閣議決定した新しい防衛計画の大綱(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防)で、いずも型を改修し、短距離離陸・垂直着陸型の戦闘機の発着を可能にする事実上の空母化を盛り込んだ。これが憲法第9条2項で保持を禁じる「戦力」に当たる可能性があるという指摘もある。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです