メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

安倍政権の北方領土交渉 「2島先行返還」諦めるのか=本間浩昭(北海道報道部根室)

空から見た北方領土の歯舞群島。写真右下に大きく見えるのは根室市の納沙布岬=本社機から2014年1月24日、本間浩昭撮影

国後、択捉2島 事実上の放棄

 北方領土をめぐる日露交渉が、国民の多くが望まない方向へと動き始めているのではないか。昨年11月のシンガポールでの日露首脳会談で安倍晋三首相とプーチン大統領は「日ソ共同宣言(1956年)を基礎に平和条約交渉を加速化させる」ことで合意した。安倍首相らはきちんと説明していないが、日本が目下進めている交渉は、北方領土4島のうち国後、択捉の2島の事実上の放棄としか考えられない。かつて最低ラインとも言われた歯舞、色丹の「2島先行返還」(段階的返還)は幻になりつつある。

 会談後の新聞各紙の見出しは「首相『2島先行』軸に」(朝日新聞)、「『領土』成果急ぐ 残り任期見据え…

この記事は有料記事です。

残り1746文字(全文2041文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです