メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

桜田氏の「がっかり」発言 やはり五輪担当務まらぬ

[PR]

 競泳の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表し、国内外から回復を願う声が寄せられている中で、来年の東京五輪の政府責任者の口から無神経な発言が飛び出した。

 桜田義孝五輪担当相が「本当にがっかりしている」「(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないか、心配している」と語った一件だ。

 桜田氏は池江選手について「治療に専念して元気な姿に戻ってほしい」とも話した。しかし18歳の若者が回復を目指し、これから詳しい検査を受けるという時に、いきなり「がっかり」との言葉を使うこと自体、非常識極まりない。

 何にがっかりしたのか。池江選手を「金メダル候補。日本が誇るべき選手」とも言っているから、病気によりメダル獲得が難しくなったと落胆しているのだろう。池江選手本人が一日も早い復帰に意欲を見せているにもかかわらず、である。

 選手は大会盛り上げのための駒の一つとしか思っていないのではないか。そう見られても仕方がない。

 政治家にとって言葉は何よりも大切だ。自分の発言がどう受け止められるか絶えず配慮も必要だ。桜田氏はきのう、陳謝して発言を撤回したが、それで済まされる話ではない。

 桜田氏は昨秋の就任直後から国会でしどろもどろの答弁を繰り返した。サイバーセキュリティー担当でもありながら、その分野での知識を著しく欠いて、資質が疑問視されてきた。最近の記者会見でも質問に答えられず、隣の事務方が助言して切り抜ける場面が常態化している。

 それも含めて、もはや閣僚を続けるのは難しいのではなかろうか。

 安倍晋三政権では一昨年、当時の復興相、今村雅弘氏が東日本大震災の被害に関し「まだ東北だったから良かった」と発言して更迭された。ただし多くの閣僚の問題発言は「誤解を招いた」などと釈明し、撤回することで不問に付されてきた。

 今月も麻生太郎副総理兼財務相が少子高齢化について「子供を産まなかった方が問題」と語って批判を呼んだばかりだ。麻生氏が問題発言を繰り返すのは、その都度、政権として、きちんとけじめをつけてこなかったからでもあろう。

 安倍首相は本当に桜田氏を「適任」と考えているのだろうか。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです