メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

支援物資、なぜ届かない 手つかず 武装勢力、配布阻む 国連「穀物370万人分腐る」

首都サヌア近くの避難民用キャンプの子供ら=2019年1月28日、ロイター

 【カイロ篠田航一】内戦で「世界最悪の人道危機」(国連)が続いているイエメンで、港湾都市ホデイダに食糧として届けられた穀物が市民に行き渡らず、腐敗してしまう恐れが出ている。国連でイエメン問題を担当するグリフィス事務総長特使は11日、「370万人の空腹を1カ月満たすのに十分な穀物が、ホデイダの倉庫で5カ月以上留め置かれており、腐りつつある」と警告した。

 イエメン内戦では、サウジアラビアが支援するハディ暫定政権側と親イランのイスラム教シーア派武装組織フ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 熱中症か 北海道と宮城の男性が死亡
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです