メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤフー

新サービス 検索データで商品開発

データを使った新事業を発表するヤフーの川辺健太郎社長(右端)ら=東京都千代田区で2019年2月13日午後3時39分、今村茜撮影

 ヤフーは13日、自社が提供するネット検索やニュースの閲覧データなどを活用し、メーカーなどの商品開発や自治体の社会問題解決を支援する新事業「データソリューションサービス」を10月に開始すると発表した。サービスの利用方法を指導するコンサルティングサービスと共に提供し、2019年度内に100社への導入を目指す。同社の川辺健太郎社長は「ネット通販や広告に次ぐ収益の柱に育てたい」と意気込んだ。

 ヤフーは検索やネット通販、地図アプリなどの利用者情報を匿名化したうえで、提携先の企業の持つ商品データなどと共に分析し、新商品開発などに生かす。検索の際に使用するキーワードや性別、年代別の閲覧データなどを使用することで、従来よりきめ細かく消費者の興味・関心を分析できるという。また、地図アプリの位置情報を利用し、イベント開催時の人の流れなどを分析し混雑緩和を図るなど、社会問題の解決にもつなげる。将来…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです