メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

窓口整備要請 「通信の秘密」海外も 有識者会議、中間報告書案

 総務省の有識者会議は13日、インターネット上で多くの個人情報を扱う「プラットフォーマー」と呼ばれるIT企業への規制についての中間報告書案をまとめた。電気通信事業法が定める「通信の秘密」を海外の巨大IT企業に域外適用する方針を盛り込んだほか、国内外のプラットフォーマーに対し、利用者からの苦情や相談に応じる窓口の整備などを求めた。【森有正、今村茜】

 同会議は昨年10月から通信の利用者保護の観点で議論してきた。現在の電気通信事業法は「通信の秘密」を保護するため、利用者本人の同意なしに通信内容を閲覧することを禁じている。ただ、国内にサーバーなどの設備を置く事業者が対象で、海外に設備を置く米国の巨大IT企業などは対象外になっている。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです