メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第68期王将戦七番勝負

第3局 解説・佐藤和俊六段

王将戦七番勝負第3局で初手を指す渡辺明棋王(左)。右は久保利明王将=栃木県大田原市のホテル花月で6日

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦し、渡辺の連勝で迎えた第68期王将戦七番勝負第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、栃木県大田原市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)が6、7の両日、大田原市のホテル花月で行われ、渡辺が107手で制して奪取に王手をかけた。後手番の久保が第1、第2局に続いて中飛車を採用し、タイトル戦では珍しい「中飛車シリーズ」に。対する渡辺が果敢な端攻めを繰り出して敵陣を攻略した将棋を、佐藤和俊六段(40)の解説で振り返る。【丸山進】

 対局前日の5日、久保は「第2局である程度やりたい将棋は指せた。将棋観は良くなっている気がする」と手…

この記事は有料記事です。

残り3604文字(全文3892文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです