メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第34局の3

久々の羽生マジック

 作戦失敗を認めるなら図で[先]2六飛と浮き、待機する手はあった。三浦は「[後]5四歩を恐れていた」と明かしたが、羽生は「こっちも条件が整わないと(玉頭だけに)突きづらい」と言う。

 実戦の三浦は、待つよりも動いた。継ぎ歩から垂れ歩。将来、駒を持てば4三への打ち込み、[先]4三歩成の軽手で後手陣を乱すことも可能だ。玉のこめかみだけに、この拠点は大きなポイントと思われた。

 時限爆弾のような[先]4四歩に対し、羽生の処置が素晴らしかった。[後]4六歩の突き出しが手筋。幸便…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです