特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第34局の3

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

久々の羽生マジック

 作戦失敗を認めるなら図で[先]2六飛と浮き、待機する手はあった。三浦は「[後]5四歩を恐れていた」と明かしたが、羽生は「こっちも条件が整わないと(玉頭だけに)突きづらい」と言う。

 実戦の三浦は、待つよりも動いた。継ぎ歩から垂れ歩。将来、駒を持てば4三への打ち込み、[先]4三歩成の軽手で後手陣を乱すことも可能だ。玉のこめかみだけに、この拠点は大きなポイントと思われた。

 時限爆弾のような[先]4四歩に対し、羽生の処置が素晴らしかった。[後]4六歩の突き出しが手筋。幸便に[先]4五銀を許してはいけない。[先]2六飛に[後]4七歩成が連続手筋。やはり幸便に[先]4六飛を許してはいけない。4筋の歩を消去したのには理由があった。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文615文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集