メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務省

在留外国人の相談支援 交付金受け付け 自治体に上限1000万円

 4月からの外国人労働者の受け入れ拡大に伴い、在留外国人の更なる増加が見込まれるため、法務省は各地の外国人の多様な生活相談に応じる一元的窓口の設置を支援する。13日から、地方自治体向け交付金の申請受け付けを開始した。窓口の拡充、新規設置ともに1000万円を上限に交付する方針だ。【和田武士】

 政府が昨年末に決定した外国人との共生社会実現に向けた「総合的対応策」には、一元的窓口「多文化共生総合相談ワンストップセンター」(仮称)を約100カ所に設置すると明記。今年度2次補正予算に必要経費として10億円が計上された。また、窓口の運営経費に充てることなどを念頭に、来年度当初予算案にも10億円が盛…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです