障害者雇用

水増し問題 確認書類保存を義務づけ 労政審が意見書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会の分科会が13日開かれ、中央省庁の障害者雇用水増し問題を受けた障害者雇用促進法の改正に向けた意見書をまとめた。障害者手帳の写しや名簿などの書類の保存を国や地方自治体にも義務づけ、それらについて厚労省が報告を求めることができるようにする。厚労省の他機関へのチェック…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

あわせて読みたい

注目の特集