最高裁

草野判事が就任会見 「公正、寛容な社会を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最高裁判事に就任した草野耕一氏=東京都千代田区の最高裁で2019年2月13日、竹内紀臣撮影
最高裁判事に就任した草野耕一氏=東京都千代田区の最高裁で2019年2月13日、竹内紀臣撮影

 13日付で弁護士から最高裁判事に就任した草野耕一氏(63)が最高裁で記者会見し、「大任に身が引き締まる思い。豊かで公正で、寛容な社会を形成するために微力ながら全力を尽くしたい」と抱負を語った。

 草野氏は東京大卒で1980年に弁護士登録。主に国際的な企業の合併・買収(M&A)案件を数多く手がけ、小糸…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集