メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

自動ブレーキ、技術は途上

約50回の体験走行で、少なくとも6回衝突した=東京都江戸川区で

 いわゆる自動ブレーキとして知られる「衝突被害軽減ブレーキ(AEB)」。危険を察知して被害を軽減・回避する仕組みで、新車搭載を義務付ける国際基準が、日本を含めて来年初めにも発効しそうだ。国内では普及が進む半面、技術開発は途上にある。

 ●センサーの限界

 「ハンドルを動かさず、ブレーキを踏まないようにしてください」。東京都江戸川区の葛西橋自動車教習所で「日本自動車連盟」(JAF)が開いたシニア向けの運転講習会。時速約20~30キロの車が約20メートル先の障害物(緩衝材)に次々とぶつかると、驚きの声が上がった。「止まると思ったのに、怖い……」

 参加者が体験したのはAEBの機能だ。いわゆる自動ブレーキで、国土交通省によると、2017年に生産された普通・軽乗用車の約8割についている。なぜ車は止まらなかったのか。JAFの担当者は(1)逆光(2)運転者によるハンドルやブレーキの操作--の二つが考えられると説明した。

この記事は有料記事です。

残り2310文字(全文2716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです