メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

まばたき、一瞬の秘密 目を守るだけじゃなかった

まばたきの役割

 成人は1分間に約20回、1日に約1万5000回もまばたきをすると言われる。その度に涙が目を潤し、強い光やごみから角膜が守られる。最近の研究で、脳のリセットやコミュニケーションにも関わっている可能性が分かってきた。一瞬の動作に隠された秘密に迫る。【松本光樹】

 ●次へ脳をリセット

 まばたきは無意識に目を守るための行動だと考えられてきた。眼球を乾燥から防ぐだけでなく、強い光を浴びると反射的にまぶたを閉じる仕組みも備わっている。ただ、1回当たりの涙の量は0・002ミリリットルで、目を潤すためだけなら1分間に3回まばたきすれば十分なのに、約20回もするのはなぜなのか。「目の保護」だけでは説明が付かなかった。

 怒った時や緊張した時、まばたきはさらに頻度を増す。「認知機能と関係があるのでは」と考えた中野珠実・…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです