メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

まばたき、一瞬の秘密 目を守るだけじゃなかった

まばたきの役割

 成人は1分間に約20回、1日に約1万5000回もまばたきをすると言われる。その度に涙が目を潤し、強い光やごみから角膜が守られる。最近の研究で、脳のリセットやコミュニケーションにも関わっている可能性が分かってきた。一瞬の動作に隠された秘密に迫る。【松本光樹】

 ●次へ脳をリセット

 まばたきは無意識に目を守るための行動だと考えられてきた。眼球を乾燥から防ぐだけでなく、強い光を浴びると反射的にまぶたを閉じる仕組みも備わっている。ただ、1回当たりの涙の量は0・002ミリリットルで、目を潤すためだけなら1分間に3回まばたきすれば十分なのに、約20回もするのはなぜなのか。「目の保護」だけでは説明が付かなかった。

 怒った時や緊張した時、まばたきはさらに頻度を増す。「認知機能と関係があるのでは」と考えた中野珠実・…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1721文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです