メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

14年広島豪雨被災地 土石流、周期的に発生 数百年間隔で

 <ピックアップ>

 2014年8月に大規模な土石流が起きた広島市安佐南区の周辺で、過去2000年間に土石流が7回、周期的に起きていたことを鈴木素之・山口大教授(地盤工学)らが地質調査で突き止めた。

 間隔は各地点の地形や地質で異なり、150~400年。この間に山間部の渓流に土砂がたまっていき、大雨を機に一気に流れ出したとみられる。

 鈴木教授は「災害の履歴を知れば、次の発生までの切迫度が分かる。各地域の周期を知ることで事前の対策にもつながるだろう」と話している。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです