メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

池江選手、白血病 「がっかり」の桜田五輪相 自民からも「配慮足りぬ」

桜田義孝五輪担当相=川田雅浩撮影

 桜田義孝五輪担当相が競泳の池江璃花子選手の白血病公表について「がっかりしている」と12日に発言したことを受け、野党は閣僚の資質を疑問視し反発した。桜田氏は13日の衆院予算委員会で発言を撤回して陳謝したが、与党からも「桜田さんじゃなく、(池江選手)本人や家族が一番がっかりしている」(公明党の石田祝稔政調会長)などと冷ややかな声が上がった。

 安倍晋三首相は予算委で「池江さんは治療に専念し、一日も早く元気な姿を見せてほしい」と強調したが、共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「論評に値しない。桜田氏が閣僚の資質を欠いているのは、既に明らかだ」と切り捨てた。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです