メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大阪都構想

大阪知事と公明、攻防再び表面化

 大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」の制度案を議論する法定協議会(法定協)を前に、大阪府の松井一郎知事と公明党の攻防が再び表面化した。案作成に必要な「委員間協議」の実施を巡るもので、松井知事は13日の定例記者会見で、次回22日の法定協での実施に「時期尚早」として否定的な公明を「こそくで卑劣なやり方だ」と批判した。

 松井知事が代表の大阪維新の会は、府市事務方への質疑は尽くしたとして次回から委員同士の議論開始を主張…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文496文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです