メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅長官、韓国との連携言及避ける 拉致問題で

 菅義偉官房長官は14日、首相官邸で全国の都道府県知事で作る「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」(会長・黒岩祐治神奈川県知事)と面会した際の発言で、「日米が緊密に連携して早期解決に向けてしっかりとやっていきたい」と述べ、韓国との連携について言及しなかった。

 菅氏はこれまで拉致問題に関し「日米、日米韓で引き続き緊密に連携する」と繰り返してきたが、今月9日の拉致問題関連のイベントでも「日米、関係諸国と連携」との表現をしており、2回連続で韓国を省…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです