メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜田担当相 五輪まで続投は「首相が決める問題」 憲章は「読んできた」

衆院予算委員会で自身の答弁で審議が止まり、与党議員や事務方と協議する桜田義孝五輪担当相(中央)=国会内で2019年2月14日午後4時20分、川田雅浩撮影

 桜田義孝五輪担当相は14日の衆院予算委員会で、2020年東京五輪・パラリンピックの開催時まで担当相を続けるかを問われ「私が望んでもできない場合もある。私を任命する人の判断による」と述べ、安倍晋三首相が決める問題だとの認識を示した。また13日の予算委で「読んでいない」としていた五輪憲章を読んだかを問…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです