メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中閣僚級協議始まる 交渉期限「60日延長」検討

記念撮影の前に談笑する(左から)米国のライトハイザー通商代表、中国の劉鶴副首相、ムニューシン米財務長官=北京の釣魚台迎賓館で14日、ロイター

 【北京・赤間清広】米中両政府は14日、貿易戦争の収束に向けた閣僚級による通商協議を北京で始めた。3月1日の交渉期限の延長や、トランプ大統領と習近平国家主席の首脳会談開催の調整が水面下で進んでいる模様で、15日まで2日間の協議期間中に具体的な成果が打ち出せるかが注目される。

 米国側はライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官らが出席。ムニューシン氏は14日朝、記者団に「協議を楽しみにしている」と短く述べ、交渉会場へ向かった。

 中国側は習氏の「経済ブレーン」と呼ばれる劉鶴副首相が交渉団を率いる。中国外務省の華春瑩副報道局長は…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 稲垣吾郎 SMAPの活動は「宝」、草なぎ&香取と元号またぎ生放送特番(スポニチ)
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです