ルノー、ゴーン被告の高額報酬認めず 失う権利は最大37億円か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カルロス・ゴーン被告=北山夏帆撮影
カルロス・ゴーン被告=北山夏帆撮影

 【パリ賀有勇】フランス自動車大手ルノーは13日、取締役会を開き、前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン被告に対し、退職に伴う報酬の支払いを認めない方針を決めた。ロイター通信によると報酬は最大で約3000万ユーロ(約37億6000万円)に相当するとみられる。

 ロイター通信によると、取締役会では中長期的な業績目標の達成度合いによって交付される株…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

注目の特集