メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工原告、月内に被告企業の韓国内資産の売却申請も

在韓日本大使館前で記者会見し、新日鉄住金などへの差し押さえ手続きを進めると発表する弁護士ら=ソウル市内で2019年2月14日、堀山明子撮影

 【ソウル堀山明子】韓国人元徴用工による日本企業に対する損害賠償訴訟で、韓国最高裁で勝訴判決が確定した原告側弁護士は14日、ソウル市内の在韓日本大使館前で記者会見し、15日に被告企業の新日鉄住金、三菱重工、不二越の東京本社を訪れ、協議に応じなければ韓国国内の資産の差し押さえ手続きを進める方針を明らかにした。昨年10月に初の確定判決を受けた新日鉄住金訴訟の原告はすでに一部差し押さえ手続きに入っており、2月中に最終段階の売却申請を行うという。

 日本企業への損害が発生すれば日本政府は報復措置を講じる構えで、日韓関係はさらに厳しくなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

  2. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです