メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦力外の元サッカー選手、遺品整理の会社起業「困っている人の力に」

「やりがいのある仕事で地元に貢献したい」と話す木和田匡さん(左)と土橋翔さん=広島県福山市で

 戦力外通告を受けた元プロサッカー選手が故郷の福山に戻り、異分野で第2のキャリアに挑戦している。J2ファジアーノ岡山などでプレーした元ゴールキーパー、木和田匡(ただし)さん(22)。高校まで10年にわたり同じチームでプレーした土橋翔さん(22)とともに、故人の残した思い出の品を遺族に代わり片付ける遺品整理の会社を興した。「勝負の世界で培ったチャレンジ精神で、地元で困っている人の力になりたい」と話している。【李英浩】

 木和田さんは広島県福山市新涯町生まれ。小学3年で入った地元クラブチームで「ドッジボールがうまいから…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです