メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦力外の元サッカー選手、遺品整理の会社起業「困っている人の力に」

「やりがいのある仕事で地元に貢献したい」と話す木和田匡さん(左)と土橋翔さん=広島県福山市で

 戦力外通告を受けた元プロサッカー選手が故郷の福山に戻り、異分野で第2のキャリアに挑戦している。J2ファジアーノ岡山などでプレーした元ゴールキーパー、木和田匡(ただし)さん(22)。高校まで10年にわたり同じチームでプレーした土橋翔さん(22)とともに、故人の残した思い出の品を遺族に代わり片付ける遺品整理の会社を興した。「勝負の世界で培ったチャレンジ精神で、地元で困っている人の力になりたい」と話している。【李英浩】

 木和田さんは広島県福山市新涯町生まれ。小学3年で入った地元クラブチームで「ドッジボールがうまいから…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです