メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性カップルが各地で一斉賠償提訴 「認めないのは違憲」

同性婚が認められないのは違憲として国を提訴するため、東京地裁に入る原告団ら=東京都千代田区で2019年2月14日午前9時59分、竹内紀臣撮影

 同性の法律婚ができない現行制度は「婚姻の自由」などを定めた憲法に違反するとして、東京や大阪、愛知などの同性カップル10組が14日、国を相手に精神的苦痛に対する慰謝料として1人当たり100万円の賠償を求め、東京、大阪、名古屋の各地裁に提訴した。同日中に他の3組も札幌地裁に提訴する。同性婚を認めない現行制度を違憲とする一斉提訴は初めて。

 計13組の原告は、20~50代の同性カップル。男性同士が8組、女性同士が5組で、日本人と外国人のカ…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです