メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニーハオ 大阪・西成に「中華街」構想 華僑ら100軒計画

「大阪中華街」の構想が持ち上がる大阪・西成区の商店街。多くのカラオケ居酒屋が営業している=大阪市西成区で2019年2月13日午後8時1分、小出洋平撮影

 日雇い労働者の街として知られる大阪・西成のあいりん地区周辺に、「大阪中華街」をつくる構想が持ち上がっている。華僑が中心となり、約100軒の中華料理店などを開業。中国式の門も設置する計画だ。訪日外国人を呼び込んで観光地にしたい考えで、地元の商店主らと交渉を進める新組織が15日に発足する。ただ、多くの華僑が住み着いて発展した神戸や横浜の中華街とは歴史的な経緯が異なり、実現するかどうかは不透明だ。

 候補地はJR新今宮駅の南側で、10の商店街が集まる南北約600メートル、東西約500メートルのエリ…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです