不平等、家族観の変化…憲法、民法制定時は未想定の「同性婚」 裁判所の判断は

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
法律婚、事実婚、パートナーシップ証明の違い
法律婚、事実婚、パートナーシップ証明の違い

 同性同士の結婚が認められないのは「婚姻の自由」や「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかどうかを正面から問う裁判が、14日起こされた。憲法や民法の制定当時は想定されていなかった「同性婚」を、法的にどう位置付けるべきか。裁判所は、当事者が被る不利益の大きさや社会の家族観の変化、世界の潮流などを勘案しながら判断することになるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り2113文字(全文2281文字)

あわせて読みたい

注目の特集