「好きな人と一緒にいたいだけ」 同性婚提訴 仲間の苦しみ代弁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
提訴した原告カップル
提訴した原告カップル

 同性婚ができないことの違憲性を問う初の裁判を東京など4地裁に起こした同性カップルたちは14日、各地で記者会見し、思いを語った。原告は13組26人だが、約半数は匿名で、偏見や差別を恐れて声を上げられない人も全国に大勢いる。名前や顔を出して訴える原告には、仲間や若い世代の不安や苦しみを代弁して闘う決意がにじんだ。

 「本当は一緒にいつも通り並んでいたいが、できないのが現状です。でも裁判で勝って、最後には顔を出して笑って終わりたい」

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1145文字)

あわせて読みたい

注目の特集