メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ2度も… 政府、真摯に向き合う姿勢を 沖縄県民投票告示

沖縄県民投票が告示され、街中では若者たちが投票を呼びかけた=那覇市で2019年2月14日午後0時44分、津村豊和撮影

 またも沖縄県民が厳しい選択を迫られることになった。米軍普天間飛行場の辺野古移設の賛否を問う県民投票が14日告示された。米軍基地の整理縮小などが問われた1996年に続き、全国的にも例がない都道府県単位での住民投票だ。

 なぜ2度も県民投票を実施しなければならないのか。前回の投票で約9割が基地の整理縮小を求めたが、20年余がたっても全国の米軍専用施設の7割が沖縄に集中したままだ。そのうえ、過去の選挙で何度も辺野古移設反対の意思を示してきたのに、政府が計画を見直そうとしないからだ。

 そのような不条理に対し、「それならば単一の争点で明確な民意を示そう」と若者らが動き、9万人が賛同し…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  3. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです