メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指導力向上も狙う 現小6から、都立高入試に英会話

 東京都教育委員会は14日、現在の小学6年が受験する2022年度の都立高入試から、英語のスピーキングテストを導入する方針を示した。公立中の3年生全員と、私立や都外の都立高志望者が受け、結果を入試で活用する。授業で学習指導要領に沿った「話す」力がついたかを測り、教員の指導力向上にもつなげる狙いがある。公立高入試で全受験生に独自のスピーキングテストを課している都道府県はなく、新たな試みとして注目される。

 都教委の依頼を受けた民間団体が、タブレット端末やマイク付きヘッドホンを使って解答を録音する方式のテ…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1129文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです