メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾・阿里山のふもと、ツォウ族の村で「戦祭」を見る

 台湾中部・阿里山のふもとにある達邦(タッパン)村には先住民ツォウ族が多く住む。旧暦正月の時期にある大祭「マヤスビ」(戦祭)が見たくて村を訪ねた。村人たちは先祖伝来の儀式や伝説を大切に語り継いでいた。その中には、日本人にまつわる不思議な物語「マーヤ伝説」もあった。

「あなたはマーヤ?」

 達邦村は標高約1000メートル。急な山々に囲まれた狭い平地に民家が点在し、約1000人が特産の茶やタケノコの栽培などで生計を立てる。民宿に着くと、ちょうど玄関から出てきた経営者の妻、グアドゥ・ヤシュグさん(53)にこう声を掛けられた。「あなたはマーヤ?」

 日本人のことをツォウ語で「マーヤ」と呼ぶと聞いてはいたが、実際に耳にして驚いた。宿を電話で予約した…

この記事は有料記事です。

残り3004文字(全文3324文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです