メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(5)片山隼くん交通死事件 被害者たちの声、大きな力に

事故の初報は、夕刊の社会面の載った小さなベタ記事でした

 東京都世田谷区の片山隼君(当時8歳)がダンプカーにひき逃げされて死亡したのは、1997年11月28日朝のことでした。この事故を伝える毎日新聞の記事は夕刊社会面ベタ21行の小さなものでした。痛ましい事故ではありますが、交通事故を伝える新聞の扱いとすれば平均的なものだったと言えます。そして、隼君の死も、当時は年間1万件近くも起きる他の交通死亡事故と同様、「悲しみ」を報道で共有することなく、忘れさられてしまう可能性が高かったのです。

 ところが、翌98年1月、隼くんの父親が東京地検を訪れ、現行犯逮捕された運転手の処分を聞いたことから…

この記事は有料記事です。

残り2671文字(全文2937文字)

小川一

1958年生まれ。1981年に毎日新聞社入社。社会部で事件取材を長く担当。社会部長、編集編成局長、取締役・編集編成担当などを経て18年6月から毎日新聞グループホールディングス取締役。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです