メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

バレンタインに折り紙の花束、フィリピンで大人気 価格もお手頃

 2月13日、折り紙で丁寧に作られたバラやヒマワリ、ユリなどの花束がフィリピンで人気を集めている。バレンタイン用の注文が殺到し、製作が追い付かないほどだ(2019年 ロイター/Eloisa Lopez)

 [マニラ 13日 ロイター] - 折り紙で丁寧に作られたバラやヒマワリ、ユリなどの花束がフィリピンで人気を集めている。バレンタイン用の注文が殺到し、製作が追い付かないほどだ。

     折り紙で作ったバラ6本の値段は450ペソ(約950円)で、街中の市場で売られている生花の約半分程度とお手頃。

     地元女性のアン・ロドリゲスさんとアレックス・カストロさんが、趣味の折り紙をサイドビジネスとしてフェイスブック上で始めた。

     一つの花束を作るのに3時間ほどかかるという。製作が間に合わないため、バレンタイン用の注文はもう受け付けていないという。

     「本物の花束と違って折り紙の花束は枯れず、ずっと手元に置いておける」とカストロさんは話す。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
    3. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
    4. 熱中症に注意 北海道~西日本各地で35度超す猛暑日予想
    5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです