メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タレント

ベッキー、巨人・片岡コーチと結婚 元盗塁王“心盗んだ”交際8ケ月(スポニチ)

 タレントのベッキー(34)が13日、巨人の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35)と結婚したことを発表した。プロ野球のキャンプイン前の1月に婚姻届を提出。同月中旬にはイタリアに“新婚旅行”に出掛け、関係者に報告を済ませた上での発表となった。交際から8カ月のスピード婚。不倫騒動を乗り越えたベッキーが幸せをつかんだ。

     ベッキーはこの日、インスタグラムで「先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました」と報告。「これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます」と心境を落ち着いた文言でつづった。

     所属事務所によると、1月に婚姻届を提出。仕事関係者に報告を済ませてこの日の発表となった。おめでたはまだで、今後も仕事を続ける。挙式・披露宴は未定。2人はすでに新居を構えているが、本格的な新婚生活は片岡コーチがキャンプを終え、帰京してから始まる。

     スポニチ本紙の取材では1月中旬、イタリアでツーショットが目撃されていた。仲良く2人で食事をする姿もあったという。ベッキーはその約1、2週間後に、次々と現地の写真をインスタグラムに投稿。中には片岡コーチが撮ったとみられるものもあった。2月の春季キャンプで離ればなれになる前に“新婚旅行”に行ったようだ。

     「応援される恋愛」を経てのゴールイン。2人は共通の知人を通じて知り合い、10年来のベッキーファンだった片岡コーチが猛アプローチ。昨年5月に交際をスタートさせた。ベッキーは翌6月、本紙の交際報道を認め、インスタグラムに「ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」と、この日と同じ文言をつづっていた。

     16年1月、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、30)との不倫が報じられ、大騒動に。レギュラー番組11本、CM10本を失ったほか、休業も余儀なくされた。

     不倫騒動後「皆さんに応援される恋愛がしたい」と公言してきただけに、オープンに愛を育んできた。片岡コーチが巨人の選手や関係者と食事をする際には、ベッキーが同席することも多かった。ある選手は「最初は“芸能人だ”って思いましたけど、凄く気さくで、とにかく気遣いのできる人。こちらが恐縮してしまうくらいの人柄でした」と温かい交流があったことを明かした。

     最近は徐々にバラエティー番組にも復帰。どん底を経験したベッキーが公私ともに幸せを取り戻している。

    《「2人でゆっくりと、しっかりと、歩んでいきたい」球団通しコメント》片岡コーチはこの日、宮崎キャンプの2、3軍合同練習に参加。グラウンド不良でドーム内での練習となる中、精力的に若手選手を指導した。キャンプ中であることから個別取材には応じず、球団を通して「2人で、ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきたいと思います。これからも野球の指導者として日々、勉強し、いい選手を育てたいと思います」とコメントした。

     《原監督祝福「前途洋々」》巨人の原辰徳監督(60)は片岡コーチとベッキーに「前途洋々。未来は開けている。2人でいい家庭を築き、幸せになってもらいたい」とメッセージを送った。現役時代から同僚として親しかった坂本勇人内野手(30)は「おめでたいですけど、先を越されて悔しいです」、亀井善行外野手(36)は「おめでとうございます。(同学年だけど)連絡がなくて悔しいです」と冗談交じりに笑みを浮かべて祝福した。

     ◆ベッキー 本名レベッカ・英里(えり)・レイボーン。1984年(昭59)3月6日生まれ、神奈川県出身の34歳。父親が英国人、母親が日本人のハーフで国籍は日本。98年にテレビ東京「おはスタ」で芸能界デビュー。BSスカパー「FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス~」などに出演中。血液型AB。

     ◆片岡 治大(かたおか・やすゆき)1983年(昭58)2月17日生まれ、千葉県出身の35歳。宇都宮学園(現文星芸大付)から東京ガスを経て、04年ドラフト3巡目で西武入団。07年から4年連続盗塁王。08年には最多安打。13年オフにFAで巨人移籍。15年4月に通算300盗塁を達成。17年に引退。1メートル76。血液型O。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
    4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
    5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです