メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インバウンド・聖地巡礼

/22 忍者を求めて/下 伊賀の歴史、脈々と /東京

 歴史的に忍者の源流を突き詰めてゆけば、ここに行きつく。

 三重県伊賀市。底冷えがする上野盆地にある「伊賀流忍者博物館」は、忍者好きなら誰もが敬う聖地だ。

 1964年、郊外の高山地区に伝わった忍者屋敷を移築したのが始まりで、98年に博物館へと発展した。「忍術実演ショーだけでなく、なぜこの一帯で忍者という存在が暗躍したのか、古文書などの歴史的な史料を展示しながら説明しています」と同館副館長の中野ちか子さんは語る。

 戦国期以降、伊賀や甲賀(滋賀県)が忍びを輩出したことは歴史的事実だ。近年増えている外国人訪日客(イ…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです