メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第73回毎日映画コンクール

受賞者一堂、華やかに(その1) 川崎で10回目の表彰式 /神奈川

 <映像のまち・かわさき>

 川崎市川崎区の市スポーツ・文化総合センター(カルッツかわさき)で14日に開かれた第73回毎日映画コンクール表彰式は、日本映画大賞に輝いた「万引き家族」の是枝裕和監督ら受賞者が出席し舞台を華やかに彩った。表彰式が川崎市内で開かれるようになって10回目。福田紀彦市長は「伝統あるコンクール開催の誇りを持ち、映像のまちづくりを進めてきた。川崎の人材も育っており、いつかは受賞者が出ればうれしい」と話した。【市村一夫】

 万引き家族は、カンヌ映画祭の最高賞をはじめ、さまざまな映画賞の対象となった作品で、米国でもアカデミー賞候補になっている。審査で「世相を変わった角度で面白く観察した」などの評価を得た。出演者も、安藤サクラさんが女優主演賞に、樹木希林さん(故人)が女優助演賞に選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです