メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犀川のほとりで

金沢の空=室生洲々子 /石川

兼六園の雪景色を写真に収める来園者ら=金沢市で、岩壁峻撮影

 真冬、金沢の朝はいつまでも暗い。空に鉛色の雲が垂れ込め、カーテンを開けても明るくはならない。部屋の電気をつける。朝は明るいものという固定観念があって、慣れるまで時間がかかった。

 毎朝、目覚まし代わりのラジオを聞きながら、体操をする。手足を動かすことで、身体の隅々まで血液が巡っていくようで、頭も身体もしっかりと目覚めてくる。それからおもむろに、トーストしたパンに、玉子とヨーグルトの簡単な朝食の準備をする。珈琲(コーヒー)だけは豆を挽(ひ)き、ドリップ式で丁寧に淹(い)れる。お湯を注ぐと、なんともかぐわしい香りが部屋中に満ち、ちょっと幸せな気分になる。美味(おい)しい珈琲を飲む、それが私にとって朝の贅沢(ぜいたく)なひと時なのだ。

 ふと気がつくと、壁に柔らかい日があたり七色に揺らめき、雲間からはお日さまが覗(のぞ)いている。次第…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです